振袖を着た女性

古典柄・新古典柄・モダン柄の3種類の振袖柄

成人式などの振袖を選ぶとき、まず気になるのが柄です。振袖の柄には大きく分けて、古典柄・新古典柄・モダン柄の3つがあります。それぞれどんな柄を指すのか、簡単に見ていきましょう。

伝統的な文様「古典柄」

古典柄は、桜や梅・椿などの花、扇・宝物といった伝統的な文様が使われます。
いかにも振袖らしい華やかさがあり、若い女性が着るにはぴったりの柄です。一つ一つの柄が定番のオーソドックスなものなので、「振袖として、華やかさが足りないのでは?」と思いがちですが、柄を着物全体にあしらってあるので、明るくて優雅な印象です。

大人な可愛らしさ「新古典柄」

いっぽう、古典柄の上品さに可愛らしさをプラスしたいときは、新古典柄がおすすめです。
新古典柄は古典柄の一種で、定番の柄を袖や裾にポイント的に配置しています。古典柄のように着物全体に柄をつけていないので、スッキリと見えて和柄でも重たい雰囲気になりません。シンプルなイメージで、可愛らしい柄でも大人っぽく見えます。

個性的な振袖柄「モダン柄」

もっと大人っぽく個性的な振袖がほしい人には、モダン柄がいいでしょう。
バラなどの洋花や蝶、ハート、幾何学模様などモチーフがたくさんあるのが特徴です。振袖の地色も、鮮やかなブルーやパープルといったカラフルなものから、モノトーンでシックなものまで様々です。
モダン柄は毎年新しい柄が出てきますし、なかにはスワロフスキーを縫い付けてキラキラしているものもあり、自分だけの振袖がほしい女性に好評です。

若い女性が着る振袖は、豪華さがポイント。自分の好みのジャンルをよく知って、上手に選びましょう。

最新記事一覧