振袖を着た女性

黒髪?茶髪?振袖に似合う髪色はどっち?

振袖を着るときに、ふと考えてしまうのが髪色です。伝統的な和装である振袖に合わせるには、やはり黒髪がいいと思いがち。
しかし、普段からブラウン系にしていると、振袖のためだけに髪色を変えるのが面倒です。でも、大丈夫です。振袖に似合うのは黒髪とは限りません。実は振袖の柄によって、似合う髪色が違うのです。

確かに、振袖が古典柄(桜や梅、椿、扇など伝統的な柄)なら、黒髪がぴったりです。伝統柄を振袖全体にあしらった古典柄は、華やかで清楚なイメージ。それが落ち着いた印象の黒髪にマッチして、上品かつ優雅な雰囲気になります。振袖の地色を、ブルーやダークグリーンといったシックなものにすると、黒髪とのバランスがとれて肌の白さが引き立ちます。

逆に、新古典柄にはダークブラウンがぴったり。定番柄を袖や裾などだけに入れた新古典柄は、柄のない部分があるため、振袖に抜け感ができます。スッキリしたイメージの振袖ですから、真っ黒な髪色はやや重い印象です。ですので、ほどよく軽さを加えたダークブラウンがおすすめです。振袖の色は、ベージュやオレンジなど暖色系が柔らかいイメージを作ります。

明るい茶髪には、より華やかな柄の振袖がいいですね。明るい紫やパッションピンク、モダンな原色系の振袖は、着る人の個性を引き出します。明るい茶髪と原色系の振袖は色の対比が鮮やかなので、写真映えするというメリットがあります。

振袖は、柄と髪色・メイクの組み合わせで全身に統一感を作れる大事なアイテムです。帯揚げや帯締めなど、小物も髪色と合わせるともっと個性的な着こなしができますよ。

最新記事一覧