外壁塗装が行われる日数はどれくらい? | 一番人気の塗料は?選ばれている塗料とその理由
選ばれている塗料とその理由

外壁塗装が行われる日数はどれくらい?

外壁塗装が行われる日数

外壁塗装を行うのは10年に1度程度ですから、外壁塗装の期間がどの程度のものだったかは、経験者でも忘れてしまったということが多いものです。
ここでは一般的な外壁塗装の施工期間について説明していきます。

外壁塗装が行われる日数は2週間前後

外壁塗装が行われるのは、一般的なサイズである30坪2階建ての住宅で2週間前後だと言われています。
住宅が大きい場合や住宅の形が特殊な場合、足場が組みにくい場所の場合には、2週間以上かかる可能性があります。
また外壁塗装を行う前には外壁の汚れを落とす作業がありますが、外壁の汚れがひどい場合には洗浄に時間を必要としますので、やはり2週間以上の施工期間になる可能性があります。

実際に塗料を塗るのは3日から5日程度

外壁塗装の施工で気になるのは塗料の臭いですよね。
施工期間が2週間前後となると、この期間塗料の臭いに気を付けなければならないかと言うとそうではありません。
施工期間は足場を組んだり洗浄したりする時間も含まれていますので、実際に塗料を塗る作業をするのは3日から5日になります。
外壁塗装に使われる塗料は乾きやすいですし、乾いてしまえば臭いはしませんので、臭いに気を付けるべきなのは3日から5日程度になると考えて良いでしょう。

外壁塗装は雨が降ってしまうと作業を行えなくなってしまいますので、施工期間が延びる可能性があります。
またあまりにも寒い時期では塗料が固まり施工に時間が掛かってしまいますので外壁塗装を行う時期はしっかりと選ぶようにしてください。