振袖を着た女性

成人式や結婚式で着る振袖の選び方

成人式や結婚式など、あらたまった場所ではやはり着物姿がステキです。とはいえ、実際に自分が着る振袖を選ぼうと思ったら、どれが似合うのか悩んでしまいます。
そこで、振袖を選ぶ3つのポイントをご紹介しましょう!さらに成人式の振袖は買うべきかレンタルすべきかという悩ましい問題もピックアップしました。上手な振袖選びの参考になさってください。

パーソナルカラーを知って、自分に似合う振袖カラーをセレクト!

パーソナルカラーとは、人それぞれの肌の色や髪の色、瞳の色などに似合う色のことです。肌の色ひとつをとっても、色白な人や小麦色の人、黄色みが強い系の人とバリエーションは様々。顔の色にあった着物を選ぶのは、大事なポイントです。

実は、洋服を選ぶときも人は無意識のうちにパーソナルカラーを手に取っています。それが自分の顔色にあっていると分かっているからです。
振袖は、豪華な柄や和装ならではの色合いが真っ先に目につき、何を選べばいいのか迷うことが多いと思いますが、普段の洋服を選ぶときと同じくパーソナルカラーをベースにすれば失敗しません。

手持ちの服にピンクが多ければ桜色や藤色がしっくりくる色ですし、ブルー系なら青竹色や浅縹(あさはなだ)色が似合うのです。成人式の着物だからと考え込んでしまわずに、いつものお洋服を選ぶ感覚で振袖も選びましょう。

似合う柄は、体型によって変わる

着物は体型をカバーするのが上手です。1枚の大きな布を体に巻き付けていくのをイメージすると、分かりやすいですね。ぽっちゃりさんも、ほっそりさんも、ふさわしい柄を選ぶと、簡単に体型をカバーができます。体型が気になる人こそ、フォーマルな場所では振袖がおすすめです。

さらに体型に合った柄を選べば、スッキリしたイメージを作ることができます。ぽっちゃりしている人は、色よりも柄を重視しましょう。柄全体が斜めに走っているものや縦になっているものは、視覚効果でかなりほっそりして見えます。

反対に、ほっそりしている人は地色をピンクのぼかしにして、華やかさを出します。柄は総柄や裾に多めの柄が入っているものを選んで、ボリュームを感じさせるといいですね!

こんなふうに、振袖の色と柄だけで第一印象がまったく変わってきます。

気に入った振袖でも、着てみると印象が違う!?

振袖でも洋服でも、実際に着てみるとイメージと違うと思うことがあります。これも体型や顔色の問題です。セルフイメージと着物の色柄が合っていないのです。

例えば、背が高い女性は濃紺や黒などの濃い色が似合います。柄は大きなものがピッタリ!大輪の牡丹や菊が咲き乱れる総柄の振袖などを着ると、成人式でもパッと人目を惹きます。身長があるからこそ、映える振袖ですね。

反対に、小柄な女性はピンクやベージュなどでふんわりした可憐な振袖が似合います。桜の花びらが散っている柄などで余白を活かし、ガーリーな雰囲気で初々しさを出すとより可愛らしく見えます。

成人式や結婚式の振袖、買うべきかレンタルか?

成人式をきっかけに振袖を購入する女性もいますが、最近ではレンタル振袖が増えてきました。せっかく振袖を作っても、成人式の後は友人の結婚式で着るくらいです。しかも、購入後は自宅で振袖を保管しなくてはなりません。高価な振袖は、保管やお手入れが大変です。

レンタル振袖なら、成人式が終わったら返却するだけです。結婚式があれば、その旅に新しい色や柄の振袖をレンタルすることができます。最近のレンタル振袖は、サイズも色も柄も豊富です。色々なタイプの振袖を着る楽しみは大きいですね。購入するよりもコスパがよく保管の面倒もないので、振袖を気軽に着たい女性にはレンタル振袖がオススメです。

結婚式や成人式で、華やかな振袖を着るのは若い女性の特権です。普段はあまり着物に親しむ機会がなくても、気軽に振袖をレンタルして、和装の楽しみを味わいましょう。

最新記事一覧